ラーメン

満鶏軒(まんちーけん)@東陽町店で塩中華そばを食レポ!

中華そば 満鶏軒(まんちーけん)とは?

中華そば 満鶏軒(まんちーけん)

今日は中華そば「満鶏軒」にやってきました。

メチャクチャ読みにくいネーミングですが、満鶏軒(まんちーけん)と読みます。

満鶏軒の本丸は、東京の錦糸町駅にありますが、一度だけお邪魔したことがあります。

その時に食べたラーメンは、100%の純鴨スープで、とにかく「鴨!」って感じのラーメンでした。

100%の純鴨スープ

前回食べた「鴨中華そば(醤油)」

最後の仕上げに一滴たらす「フォアグラ油」が満鶏軒のラーメンを完成させます。

麺魚(めんぎょ)のグループ

満鶏軒といえば、錦糸町にある「麺魚(めんぎょ)」のグループですよね。

麺魚(めんぎょ)

麺魚はあの有名なテレビチャンピオンの「ラーメン職人選手権」で優勝しているラーメン屋さんなんですよ~

ラーメン職人選手権

麺魚のラーメンは、とにかくメチャクチャ美味いので、一度食べてみることをお勧めします。

麺魚のラーメン

「鯛ラーメン」というジャンルを確立したパイオニア的存在のラーメンなので、続きはこちらでご覧ください。

麺魚@錦糸町パルコ店|TVチャンピオン優勝の真鯛らーめんを食レポ!

目次1 真鯛らーめん麺魚(メンギョ)とは2 店舗の立地と内観&外観3 テイクアウトもできる4 真鯛らーめん麺魚 錦糸町パルコ店のメニュー5 真鯛らーめん麺魚の口コミ&レビュー6 真鯛ラーメンの動画7 ...

続きを見る

満鶏軒 東陽町店はフランチャイズ

満鶏軒は「株式会社 麺魚」が経営しているセカンドブランドですが、どうやらフランチャイズ展開もやっているみたいです。

今回お邪魔した東陽町店は、株式会社カスタマーズディライトが経営するお店なので、まさにFC加盟しているお店ですね。

業界激震の二毛作ラーメン店

満鶏軒@東陽町店は業界激震の二毛作ラーメン店なんです。

二毛作店とは、もともと農業用語ですが、昼間と夜で別々のビジネスをする店舗のことを言います。

実は満鶏軒 東陽町店は、

  • 昼間はラーメン屋さん
  • 夜は居酒屋さん

に大変身するんです。

外に設置してある看板は回転するようになっていて、裏側に「博多やきとり 筑前屋」のロゴが入っています。

看板

店中は居酒屋っぽいレイアウトになっていて、お酒の一升瓶も並んでいますね。

一升瓶

そしてお店の目印となる看板は、なんとデジタルサイネージです。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージなら簡単に表示切替えできるので、昼間は「満鶏軒」、夜は「筑前屋」になるという訳です。

ちょくちょく広告にも切り替わるので、色々な使い道がありそうですね。

広告

さすがにこれは感心しましたね~(*゚∀゚*)イイネ!!

居酒屋さんはコロナ禍で大ダメージを受けているので、二毛作のアイデアは流行る気がします。

満鶏軒 東陽町店のメニュー

中華そば 満鶏軒 東陽町店のメニュー

メニュー

  • 鴨中華そば(塩):870円
  • 味玉鴨中華そば(塩):990円
  • 特製 鴨中華そば(塩):1,150円
  • チャーシュー鴨中華そば(塩):1,140円
  • 鴨中華そば(塩) 雑炊セット:1,090円
  • 鴨中華そば(醤油):870円
  • 味玉鴨中華そば(醤油):990円
  • 特製 鴨中華そば(醤油):1,150円
  • チャーシュー鴨中華そば(醤油):1,140円
  • 鴨中華そば(醤油) 雑炊セット:1,090円
  • フォアグラ油そば:920円
  • 特製 フォアグラ油そば:1,200円
  • 満鶏丼:520円

中華そば 満鶏軒 東陽町店の口コミ&レビュー

食べたメニュー

2021/6/24

鴨中華そば(塩) 雑炊セット:1,090円

前回お邪魔した時は「鴨中華そば(醤油)」をオーダーしたので、今回は「鴨中華そば(塩)」にしました。

こちらが到着した「鴨中華そば(塩)」です。

鴨中華そば(塩)

ラーメン丼ぶりの中には、

  • 鴨チャーシュー
  • ネギ
  • 青菜
  • 柚子

が入っています。

鴨チャーシューは2種類入っていて、低温調理でじっくり仕上げている逸品です。

鴨チャーシュー

鴨チャーシュー2

両方とも最高に美味いっすよ~∑d(゚∀゚d)イカス!!

雑炊セットにしたので、一緒に雑炊も到着です。

雑炊セット

満鶏軒のおすすめは〆の雑炊です。

というか、ラーメンを食べるなら絶対に雑炊セットを注文してください。

残ったスープを有効活用して、即席雑炊にできちゃうんです。

なので、雑炊はとりあえず取っておきましょう。

まずはスープから頂戴してみます…

スープ

しっかりとした塩味の美味しいスープですね~ホゥホゥ(o-∀-))

クセがないので飲みやすいと思います。

そしてこだわりの麺を頂いてみましょう…

こだわりの麺

満鶏軒の自慢は、歯応え重視のストレート麺です。

この麺がメチャウマなので虜になっちゃいますよ~(d゚ω゚d)オゥイェー♪

さて、麺を一通り食べ終えたところで、スープが残りました…

スープ

このスープを雑炊にぶち込んじゃいましょう!

雑炊

まぜまぜしたら即席雑炊が完成です!

即席雑炊

う~ん、メチャクチャ美味そうっすね~

雑炊に入っているつくねをバーナーで炙っているので、香ばしさが半端じゃありません!キタ━━━d(゚∀゚)b━━━!!

つくね

このようなひと手間が料理を美味しくするんですよね~

薬味が5種類ほど用意されていますが、スタッフに言わないと出てこないので、もし必要な場合には遠慮なく声を掛けしましょう。

薬味

全体的な感想としては、とにかく美味かったです。

前回は「鴨中華そば(醤油)」を食べましたが、「鴨中華そば(塩)」の方が好みですね。

塩ラーメンとしての完成度はもちろんですが、全体のバランスが最高ですね!

具材にもこだわりを感じられて、大満足です!

ぜひご賞味あれ!

鴨中華そば(塩)の動画

店舗情報

店舗名:中華そば 満鶏軒 東陽町店

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13256720/

ホームページ:https://www.cs-delight.co.jp/business/shop28/

営業時間:月曜~日曜 11:00~15:00

住所:東京都江東区東陽4丁目6−16 東陽ビル 1F

交通手段:東陽町駅徒歩5分

電話番号:03-6659-7740

番外編:柳精肉店の焼き豚

満鶏軒の帰り道にちょっと寄り道しました。

こちらは「柳精肉店」と言います。

柳精肉店

以前に東陽町がアド街ック天国で特集された時、「柳精肉店」が登場していたんです。

この店の看板メニューは「焼豚」と「メンチカツ」らしいので、食レポついでに寄ってみました。

焼豚

大通りから路地に入るので、ちょっとわかりにくいですが、人だかりが出来ているのですぐに見つかると思いますよ。

今日のお目当ては「自家製の焼豚」です。

自家製の焼豚

100gで399円なので、お値段的にはまぁまぁ妥当ですね。

今回は「210g=約1,000円」を購入してみました。

自家製の焼豚

カットするとこんな感じです。

カット

盛り付けして、これを肴にして晩酌タイムっす!

盛り付け

う~ん、美味そうですね~

チャーシュー

お酒に合うので、ぜひお試しください!

The following two tabs change content below.

ラーメンマン

東京在住の30代男性。ラーメン大好きな企業戦士サラリーマン(営業職)。全国のラーメン屋を制覇すべく、日々ラーメンの食べ歩きが日課。好きなラーメンは、味噌ラーメンと二郎系。ラーメン最高ッス!

-ラーメン
-, , ,

Copyright© 東京らーめんブログ|美味いラーメン&つけ麺の食レポサイト , 2022 All Rights Reserved.