つけ麺

黒琥(くろこ)@豊洲総本店|黒マー油たっぷりの魚介系豚骨つけ麺

麺屋 黒琥 豊洲総本店とは

麺屋 黒琥 豊洲総本店とは

黒琥(くろこ)とは、東京都の江東区豊洲発祥のラーメンを提供している貴重なラーメン屋さんです。

豚骨醤油ベースのスープに、特製マー油や自家製ラー油を加えて、これまでに無いような”見た目”と”味”に仕上げた特徴あるラーメンが食べられます。

店舗の立地と内観&外観

東京メトロ有楽町線の豊洲駅

黒琥は豊洲市場のある江東区豊洲に総本店を構えていますが、「なぜ豊洲なのか?」ということは謎です。

東京メトロ有楽町線の豊洲駅からは少し歩きますが、まずはナチュラルローソンを目指しましょう!

ナチュラルローソン

このナチュラルローソンを横目にマンションの谷間に入ってきます。

通り

すると、少し目立たない場所に黒琥はあります。

黒琥の店舗

見た目から想像できるかも知れませんが、店内はL字型のカウンター席が10席も無いので、決して広いお店ではありません。

麺屋 黒琥 豊洲総本店のメニュー

黒琥のメニュー

メニュー

  • 黒琥ラーメン:800円
  • 赤琥ラーメン:800円
  • 担々麺:800円
  • 魚介とんこつラーメン:800円
  • とんこつ醤油ラーメン:650円
  • 黒琥つけ麺:850円
  • 赤琥つけ麺:850円
  • 担々つけ麺:850円
  • 魚介とんこつつけ麺:850円

口コミ&レビュー

食べたメニュー

2020/7/28

黒琥つけ麺:850円

今日は在宅ワークだったので、近所にある黒琥にやって来ました。

入口に「よくばりセット」という魅力的なメニュー看板が…

よくばりセット

欲張りな私はとても迷いましたが、強い意志で「黒琥つけ麺」をオーダーすることにしました!

黒琥つけ麺

中太麺にはかなりこだわりがあるようで、長さや太さにもこだわった増田製麺を使用しているそうです。

つけ麺

乱切りのような不均等な麺なので、見た目がとても面白いですね!

ねじれが入っているので、食感が独特ですよ~

中太麺

そして、つけ汁ですが…黒いです…

黒琥つけ麺のつけ汁

とにかく黒いです…

これはスープ表面に黒マー油が張っているからですが、スープ表面の下は豚骨醤油スープっぽい色合いをしています。

黒いスープ

つけ汁の中には「ほうれん草」がたくさん入っていましたよ~

ほうれん草

最後にスープ割りをオーダーした時に気付いたんですが、結構煮干しが効いているんですね。

「魚介系+ニボ系」といった感じの味わいでした。

スープ割り

黒琥つけ麺を食べて思ったんですが、たぶん「赤琥ラーメン」も相当美味しいと思います。

気になる人は、ぜひご賞味あれ!

黒琥つけ麺の動画

店舗情報

店舗名:麺屋 黒琥 豊洲総本店

URL:http://www.menya-kuroko.com/

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131307/13143492/

住所:東京都江東区豊洲3丁目5−3

交通手段:豊洲駅徒歩7分

TEL:03-6204-2623

The following two tabs change content below.

ラーメンマン

東京在住の30代男性。ラーメン大好きな企業戦士サラリーマン(営業職)。全国のラーメン屋を制覇すべく、日々ラーメンの食べ歩きが日課。好きなラーメンは、味噌ラーメンと二郎系。ラーメン最高ッス!

-つけ麺
-, , ,

Copyright© 東京らーめんブログ|美味いラーメン&つけ麺の食レポサイト , 2022 All Rights Reserved.