ラーメン

青島食堂@秋葉原|新潟のソウルフード”生姜醤油ラーメン”の老舗

青島食堂(あおしましょくどう)とは?

青島食堂

青島食堂は、新潟名物である生姜醤油ラーメンの名店です。

生姜醤油ラーメンは新潟県のソウルフードで、全国的にも有名なラーメンです。

その中でも、生姜醤油ラーメンといえば「青島食堂」と言われるほどの存在感を放っています。

新潟県に本店がある超人気店

そんな新潟県長岡市に本店を構える青島食堂の味が楽しめるということで、秋葉原店は連日混雑しています。

前回伺った時には平日お昼時で40分待ちを経験したので、今回は同じ平日ですがあえてお昼時を外して15時にお邪魔しました…

なんと!?それでも10分待ちでした…ガガーン!!∑(゚Д゚ll)

お客さんの回転はいいですが、その分お客さんが入ってくるので、常に満席の状態です。

お昼時は30分以上待つことは必須と言えるでしょう。

秋葉原駅からちょっと遠い…

青島食堂の店舗

店舗は秋葉原駅徒歩10分ほどの場所で、アクセスはちょっと悪いです…

周りには雑居ビルばかりで、お店らしきものがほとんどありません。

これだけ人通りの少ない場所で、この集客力はさすがです。

店舗の外観は、正直「営業しているのか?閉店しているのか?」初めての来訪では判別に迷うレベルです。

シャッター

こんな感じのシャッターです。

基本的にシャッターが閉まっているので、全然お店感というか、オープンしている気配がありません。

カウンター席のみですが、目の前で調理が見えるので、視覚的にも楽しめます。

青島食堂のメニュー

メニュー

  • 青島ラーメン:800円
  • 青島ラーメン麺大盛:850円
  • 青島チャーシュー:900円
  • 青島チャーシュー麺大盛:950円

青島食堂の口コミ&レビュー

食べたメニュー

日付:2019/9/11

青島ラーメン麺大盛:850円

青島食堂にお邪魔したタイミングは15時だったのでちょっと遅かったですね…

お腹の減り具合と相談した結果、今回は大盛を注文することにしました!

ラーメンが出てくるまでの間は、調理風景を眺めながら待ちましょう。

青島食堂の調理場

しばらく待っていると、お待ちかねの青島ラーメンが到着です!イエ───(σ≧∀≦)σ───ィ

どうですかこの見た目!?

メチャクチャ美味そうですよね~イェイd(d∀゚)(゚∀b)bイェイ

青島ラーメン

青島ラーメンの特徴は、深みのある生姜醤油スープです。

見た目はシンプルな醤油ラーメンのように見えますが、生姜のパンチが効いていて、なんとも独創的です。

生姜醤油スープ

すっきりした生姜醤油スープと、中太ストレート麺の相性が良い感じですね。

中太ストレート麺

周りを見回してみると、どうやら普通盛りと大盛では器が違うようです…

具材はチャーシュー、メンマ、のり、ネギ、ほうれん草なので、普通の感じですね。

追加料金でトッピングを増やせるので、結構オーダーしている人が目立ちましたよ~

さてさて、青島食堂と言えばチャーシューが有名ですよね。

チャーシュー

今回はチャーシュー麺にしませんでしたが、チャーシュー麺を注文するのをオススメします。

チャーシューは薄切り&柔らかいんですが、十分な存在感があって、麺やスープとの相性も良くて絶品です!(d゚ω゚d)オゥイェー♪

ごちそうさまでした。

青島らーめん

卓上にはコショウが置いてありますが、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、テーブル胡椒の3種類があります。

好みによりますが、コショウを入れると味の変化が楽しめますよ~

毎週火曜日が定休日なので、行くときには注意するようにしましょう!

ぜひご賞味あれ!

店舗情報

店舗名:青島食堂 秋葉原店

公式HP:http://www.aoshima-ramen.co.jp/

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13094776/

営業時間:水曜~月曜11:00~18:00、毎週火曜日定休

住所:東京都千代田区神田佐久間町3丁目20−1

交通手段:秋葉原駅徒歩10分

The following two tabs change content below.
東京在住、ラーメン大好きな営業系の起業家(♂)。全国のラーメン屋を制覇すべく、日々ラーメンの食べ歩きが日課。好きなラーメンは、味噌ラーメンと二郎系。ラーメン最高ッス!

-ラーメン
-, ,

Copyright© 東京らーめんブログ|美味いラーメン&つけ麺の食レポサイト , 2022 All Rights Reserved.